2008年11月 7日 (金)

アッ

阿部って人と結婚したら、名字が阿部さんになるじゃん!
と思った今日の午後。
よくね?
ちょっと楽しくね?

| コメント (4)

2008年8月30日 (土)

もたれる

電車で、横の人間が眠ってもたれかかって来た場合、肩を貸すかどうかはその人間による。
ただ、基本的に腕にもたれてきた場合は誰にも貸さない。
さすがに腕痛い身としてはそこは拒否らせてもらう。
肩なら、肩がこって痛い時以外なら割と寛容だ。

どんな人間なら貸すか。
図々しくないことを絶対条件として、ねーちゃんは大歓迎だ。
いい匂いとかしたら、むしろ嬉しい。
にーちゃんもまぁ許す。
若い子(二十歳以下)は可愛いげがあればおkだ。
おっさんとおばちゃんは多分9割9分くらいは拒否ってる。
人間そんなもんである。
おっさんおばさんに謝る気はあんまない。


というわけで、横の若い男の子は許そう。

| コメント (4)

2008年7月29日 (火)

悪癖

今日もまた毎日変態新聞関連ではない。
残念だ。
まぁ、主語を毎日新聞にしても読めないことはないかもしれない。

癖というものは大概自分では気付いていないものだ。
なんでもない癖なら別にいいが、それが悪癖だと問題である。

自分が当たり前、特になんとも思ってない言動をする。
だが、それは周囲の人、世間一般にとっては妙なことだったりする。
でも自分では当たり前だと思っているので、それが妙だとは気付かない。
言いにくい事柄だと誰も忠告しないため、やはりそれが妙な言動だと気付くことはない。
そしてまた、妙なことを繰り返す。
悪循環である。

後のことを考えると色々面倒くさいので毎回言わないのだが、悪癖持ってる人は意外にいる。
実害が自分だけならいいが、それを他の人にもやってるのかと思うとちょっと溜め息が出てしまう。
言うに言えないことを上手く言う方法はないものだろうかと考えるが、やはり後々面倒だと思って結局は解決しない。

私だって何かしら変なことを仕出かしているのだと思う。
そもそも他人に働きかけること自体しないので、そこからして非難されてしかるべきだ。
気付いてて直せない癖もあるが、気付いてない癖も間違いなくあるはず。
自分では変なことだと思っていないから気付くことができない。
ん、なんか変だな、くらいなら言って貰わなくていいが、ちょっとそれどーよ気持ちわるいよウザいよ?ってときには言って欲しいような言って欲しくないような微妙な心境だ。
まぁ言って貰ったほうが自分のためになるから、言って貰ったほうがいいのだろう。
悪癖は直したいものだ。
悪癖を個性と呼ぶのは愚かしいことに思えるから。

| コメント (4)

2008年7月 3日 (木)

毎日新聞の英語版がひどすぎる

毎日新聞英語版のMETAタグの件について。
METAタグって何だよ、何が問題なんだよという人も多いと思う。
どこかで分かりやすい説明を見かけたので、改変してみる。
多分、ニュー速+かVIPで見たんだと思う。

METAタグというのは、例えば、yahooとかgoogleとかで検索したときに、このページをヒットさせるための言葉のこと。
このページの内容にその言葉を使っていなくても、検索でヒットさせることができる。
例えば、「環境」という言葉をMETAタグで指定しておくと、このページで「環境」という言葉を使っていなくても検索でヒットさせることができる。

さて、毎日新聞英語版ではMETAタグに何が指定されていたのかというと。
いっぱいあるので幾つか省略するが、
japan news,mainichi,mainichidailynews,(中略。ここらへんは普通だね)
japanese girls,geisha,japanese english dictionary,(中略。なんかちょっと変なのが)
samurai,japanese symbols,ninja,animation,hentai,manga(後略。あれ、明らかに……?)

では、本題。
例えば、外国人がサムライとやらはどういう人のことなんだろう、と思って「samurai」で検索をかけると、毎日新聞英語版がヒットするわけである。
METAタグで指定されてる言葉だから、別に記事になってなくても検索で引っかかる。
で、ヒットした毎日新聞英語版のサイトは、トップページにばっちりエロネタ満載だった。
ビックリしつつもちょっと見てみると、日本の主婦はコインシャワーで売春するだとか、日本人は海外旅行先のジャングルにて子供を銃で狩るとかが載っている。
何だこのサイト、三流雑誌かなんかか?と思って、この記事を配信している毎日新聞というのがどんなところなのか調べてみると、日本の三大新聞の一つだということが分かる。
三大新聞がこんなことを書いているということは、もしかしてこれは日本の真実ってことなのか?……そう思ってしまう外国の方がいても、全く不思議じゃない。
そう、これが大問題だということは、日本に住む人なら分かると思う。
どう考えても低俗な週刊誌並みの内容。これを信じる日本人はいない。実際に日本に住んで日本を知っているから。
けれど、外国人はどうだろう。日本のことを知らない人たちは、日本の三大新聞が書く記事を読んでどう思うか。
信じない人もいるだろう。でも、信じてしまう人もいるだろう。
信じてしまった人が、実行に移したら?

毎日新聞英語版に載っていた記事は、他にも沢山ある。
看護婦は売春婦より酷いだとか子供や老人も売春をしてるとか、実に様々な記事がある。
児童買春の方法まで載ってた。
子供に猥褻なことをして警察にバレた場合に、少額の罰金で済む方法らしい。

毎日新聞英語版は、月に一千万人以上が閲覧していたらしい。
英語以外にも翻訳され、ドイツ語、フランス語、ロシア語、果てはヘブライ語に翻訳されたものも見つかっている。
5年以上こんな記事を配信されていたのだから、全世界に広まってしまっているのだろう。(9年以上という話もある)

今、この事実に気付いた人たちが、知らない人たちに知らせようと頑張っている。
ネットを普段から見ている私たちはこの事実を知ることが出来た。
でも、ネットをしない人たちは気付ける機会がとても少ない。
テレビや新聞でニュースになっていないからだ。
どうしてこれだけ騒ぎになっているのに、テレビや新聞でニュースにならないのか。
それにはまた色々問題があるのだけれど、とりあえずここで言及はしない。
ただ、テレビや新聞のニュースにならない以上、ネットをしない人たちにも事実を知らせなければならない。これは、とても重大な問題だから。
どうか、これを知った人たちは周囲に広めて欲しい。
内容が内容なだけに説明しにくいなら、ビラを見せてもいい。
こういう日記を見せてもいい。私のこの記事に限っては印刷しようと転載しようと改変しようと自由にやってくれていい。
まとめサイトを見て貰うと、もっといい。
少しずつでいい、焦らなくていい。
コミュもある。
皆で一緒に少しずつ頑張ろう。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

毎日新聞それ本気?

毎日新聞はゴシップ誌ってことですね。わかります。

英語版で垂れ流していた記事は下衆にも程がある。
とっとと謝罪会見して新聞一面+日本語英語両サイトのトップで謝罪と訂正を入れろ。話はそれからだ。
詳しくは以下参照。
とりあえず、まとめwiki見てみれば分かると思う。

★毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki★
 http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/(更新終了)

↓他、関連情報。

★毎日新聞問題の情報集積wiki★
 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/
★毎日新聞おりこみ出稿業者不買運動@wiki★
 http://www33.atwiki.jp/bainichi/
★毎日新聞問題の簡単な経緯
 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/71.html
この問題に関する過去スレッドは、以下のサイトでご覧になれます。
★毎日新聞が捏造記事 過去スレ部分保管・ミラーサイト★
 http://yondokoronai.hp.infoseek.co.jp/m/#kikon
★毎日新聞まとめ英語版wiki★
 http://www31.atwiki.jp/mainichimatome-en/ (求 英文スキルのある方!)

| コメント (8)

2008年6月19日 (木)

<脊椎動物>祖先はナメクジウオ ヒトと遺伝子6割共通

<脊椎動物>祖先はナメクジウオ ヒトと遺伝子6割共通
記事貼るの忘れてた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000007-mai-soci

ナメクジウオ・・・?
ナメクジ・・・?
・・・・・・っ。
いやあああああああああああああああああああああああ!
ナメクジは大っ嫌いだああああああああああああああああああ!
ゴキブリより嫌いだあんな生き物おおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

ちょっと取り乱してから画像を見てみた。
・・・なんだ、魚か。
まぁナメクジ「ウオ」っていうんだから当たり前だな。

で、このナメクジウオとやらが祖先(祖先っていうか途中)だって?
ホヤは別系統ってことになったのか。
前はホヤだって言われてたのにな。

んで、遺伝子6割共通なの?
論文読んでないから分からんのだが、ゲノム6割じゃなくて?
遺伝子6割って配列が?種類が?(種類というのもアレだが)
それともスプライシングバリアント含めて?って、んなわけねーな。
分類学にはゲノムが必ずしも有効ではないはずだが、進化はゲノム基準でいいんだっけ。
まぁ分類学はアクマでヒトによる分類だからゲノムは重視されないけど。
6割共通というが、意外に一緒じゃないもんなんだな。
このナメクジウオを必ず通ったのかどうかは知らんが、natureに載ってるんならちょっと信用できるのかな。
ナメクジウオ以上に配列が似てる魚類も出てきそうな気はするが、どうなんだろな。
祖先とやらが現在でも生きているとは限らんしな。

それにしてもインパクトでけーな、ナメクジウオって名前。

| コメント (3)

2008年5月16日 (金)

名(迷)言集

軽く思い出した、名言集。
まだまだいっぱいあった筈だが、だいぶ忘れてしまった。

(人名)さんて正論ばかり言うからもういい!(自分の意見が通らないから出た台詞)
皆が私を裏切ったんです(何の話か意味不明。被害妄想の塊)
こいつ殺していいですか!(自分のプライドを傷つけられて)
(会社名)の貧乏人どもが!(同上)
22~27日まで法事で有給休暇を頂きます(土日祝日も有給使うのか?そして法事にしては随分長い)
去年の記憶が少々曖昧で(年明け早々顧客に向かって)
(人名)に空気読めないって言われた(実際この人は空気読めない)
残念ですが(人名)さんには辞めていただきました。とても残念ですが(すごい笑顔で)

これを言った人々は、そういや全員まだ在籍している……。
普通の人(普通じゃない人もだが)は会社を辞めていく。
沈没する船からは鼠が逃げるって、よく言うよね。

なんであんな人間が生きているのか

そいつは絶対に自分の理論を譲らない。
自分のこだわりをひたすら通す。
伝説の捨て台詞。
「~さん(闘ってた相手)て正論しか言わないからもういい!」

客と電話で話している時でもお茶は飲む。というか飲みながら電話する。

口癖。
自分の言った言葉を繰り返す。
繰り返した後、何故か笑う。
超早口でどもりまくるので、何が言いたいのかすぐには理解不能。
「でも」で常に人の言葉を否定。
「むしろ」で同じく否定。
「逆に」で全く逆になっていない論理で否定。
独り言を人に話す声の大きさで言う。
頻度はしょっちゅう。
5秒で終わる会話が5分になる。
基本、上から目線。
自分の後に入ってくる人間は部下だと思っているフシがある。

死ねばいいんじゃない?

2007年11月21日 (水)

ひゃくにんいっしゅ

ジョジョの百人一首。

まともに原作読んでない。

でもなんか欲しい。

買うべきなのか。

| コメント (3)

2007年7月30日 (月)

イントネーション

今日、会社の同僚と話しているとき、「ピアニカ」のイントネーションの違いに気付いた。

当たり前のように思っていたイントネーションが万国共通ではないことに、ちょっとした衝撃を受けた。

私のイントネーションは、



→ → → →

ピ ア ニ カ



なのだが、その同僚は、



→ ↑ ↓ ↓

ピ ア ニ カ



だった。

何人か聞いてみたのだが、どうやら出身地によって違うらしい。

どっちが共通語なんだろう……。

こういうイントネーションの違いは割と色々あって、大体自分のイントネーションが他人と違ったりする。

結構ショックを受けることもあり、自分て訛ってるのかなぁと不安になったりする。

自分の住んでるところは訛りがないと思っているだけに。

しかし方言は文化なので、否定をしたいわけではない。

ただ、違いというものをしっかり認識しておきたいだけなのだ。

| コメント (4)

より以前の記事一覧