« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

退社

本日、会社を退社しました。
うおおおお解放されたあああああああああ!!
次にあの会社に行くのは、会社が潰れた時の祝賀会だけだ!
さようなら4年半勤めた会社よ。
色々なことを学び悟り堕落し追い込まれ腕を壊し精神を病んだ会社だった。
終わりの1年半は割と平和で人生のリハビリをしていた気分だ。
もう行かなくていいんだ……。
なんか泣けてきた。

2008年7月29日 (火)

悪癖

今日もまた毎日変態新聞関連ではない。
残念だ。
まぁ、主語を毎日新聞にしても読めないことはないかもしれない。

癖というものは大概自分では気付いていないものだ。
なんでもない癖なら別にいいが、それが悪癖だと問題である。

自分が当たり前、特になんとも思ってない言動をする。
だが、それは周囲の人、世間一般にとっては妙なことだったりする。
でも自分では当たり前だと思っているので、それが妙だとは気付かない。
言いにくい事柄だと誰も忠告しないため、やはりそれが妙な言動だと気付くことはない。
そしてまた、妙なことを繰り返す。
悪循環である。

後のことを考えると色々面倒くさいので毎回言わないのだが、悪癖持ってる人は意外にいる。
実害が自分だけならいいが、それを他の人にもやってるのかと思うとちょっと溜め息が出てしまう。
言うに言えないことを上手く言う方法はないものだろうかと考えるが、やはり後々面倒だと思って結局は解決しない。

私だって何かしら変なことを仕出かしているのだと思う。
そもそも他人に働きかけること自体しないので、そこからして非難されてしかるべきだ。
気付いてて直せない癖もあるが、気付いてない癖も間違いなくあるはず。
自分では変なことだと思っていないから気付くことができない。
ん、なんか変だな、くらいなら言って貰わなくていいが、ちょっとそれどーよ気持ちわるいよウザいよ?ってときには言って欲しいような言って欲しくないような微妙な心境だ。
まぁ言って貰ったほうが自分のためになるから、言って貰ったほうがいいのだろう。
悪癖は直したいものだ。
悪癖を個性と呼ぶのは愚かしいことに思えるから。

| コメント (4)

2008年7月26日 (土)

きゅうきゅうしゃ

今日は毎日変態新聞のことには触れない記事なので、ここに書いておく。
もう少ししたら時間が出来るから、そしたらいっぱいいじってやるからな、毎日変態新聞。

さて、救急車。
さっき見た救急車は、全っ然道路渡れてなかった。
国道かまでは確認してないが、片側三車線なので大きめの道路である。
ガンガン車が行き交うせいで救急車が交差点手前で立ち往生してしまっていた。
もし本当の急患なのだとしたら、あの間で死んだかもしれないな。
ライブ帰りの人の群れが救急車に構わず道を横断しているときも腹が立ったものだが、なんで止まらないのか。
1秒を争う生命の危機は、本当にあるのに。
音だけでは救急車の位置が分かりにくいというのもあるのかもしれないけど。
ナビは将来的には救急車の位置を表示するべきだろうなぁ。
あの命が失われていないといい。


| コメント (0)

2008年7月24日 (木)

毎日新聞さんよ

謝罪と訂正いれろっつーのに。

まぁまだ流し読み程度でちゃんと読んだのは半分くらいなんだが、いつまでもこれ書かないのも落ち着かないので。

とりあえず、随分軽い処分ですね?
責任者はクビが当然だろう?
役員報酬からカットって何よ?
役員報酬ついてること自体に恥を感じたらどうなんだ。
なんで訂正いれねーの?
なにが不適切でなにが嘘だったのかハッキリさせようぜ。
その区別がつかないなら、全部信憑性がないってことだろうが。
自分で自分の記事に信憑性ないって言ってるようなもんだぞ?
ハッキリしろ。嘘なら嘘って言え。
そこらへん普通の読者、日本人外国人双方がちゃんと理解できるように書けよ。
仮にも新聞社と名乗るなら。
ねぇ、女性の視点が足りないとかそういう問題じゃないのが分からないの?

なぁ、毎日新聞さんよ、全部本気で言ってんのか?
本当に本気の本気で?
だとしたら。
潰れるまで、戦うしかないよね?

ああもう無駄に忙しくてブログに手が回らん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

あと少し

死ねばいいのに。何度そう思ったか。
殺したいとは思わない。
何故なら毛の先ほども触りたくないからだ。
同じ空間で呼吸することすら吐き気を覚える。

一人で喋っている。
誰かを大声で呼んで、その人がいなかったら一人で爆笑している。
何かを探しているらしい。
フロアにそいつの独り言が響いている。
もはや独り言というレベルではない。

あぁ、この状況からもう少しで解放されるのだと思うと喜びで笑い出してしまいそうだ。
そいつからは、忍耐が自己を殺していくことと、はらわたが煮えくり返るという感覚を教えられた。
あと少し。
あと少しなんだ。

ところで、そいつとは別件だが、何で教えたことをメモらないでまた聞いてくるんだろうね?

ところで、毎日新聞は進展なしかな?
進歩もなしかな?

| コメント (3)

2008年7月 9日 (水)

忙しいのか

なんか忙しい気がしてきた。
よく考えたら、会社で引き継ぎしながら、病院で引き継ぎされてるからだ。
何故か入ったばかり超初心者で引き継ぎされてるわけですよ。
道理で忙しいと……。
今日も今日とて、午前に病院行って午後に会社だ。
ただ今移動中。


ああでも忙しくても毎日新聞のことは忘れてないよ?
長期戦でいくから覚悟しとけよ?


| コメント (2)

2008年7月 8日 (火)

会社の未来・・・ねぇ

うちのグループが3人抜けるので、会社は今、新しい人の面接をいっぱいしているようだ。
通りすがりに顔を見てみる。
あぁ、まだ若いのに……カワイソーだなと思った。
うちの会社、将来的にはくぁwsでrftgyふじこlp;@なのに。
人を補充して現状の規模を維持するのが最善だと思ってるから、うちの会社は駄目なんだよ。
隣のグループとか要らないでしょ?
なんでもいいっちゃーなんでもいいんだけどさ、もう。

あれ、そういや将来がくぁwsでrfgtyふじこl;p@って言えば毎日新聞はどうしたのかな?
会見はまだ開かないの?
二度目の倒産していいよ?
遠慮しないでいいんだよ?
早く謝っちゃいなよ。
でもまぁ、ごめんで済んだら警察いらないんだけどね?

| コメント (5)

2008年7月 3日 (木)

毎日新聞の英語版がひどすぎる

毎日新聞英語版のMETAタグの件について。
METAタグって何だよ、何が問題なんだよという人も多いと思う。
どこかで分かりやすい説明を見かけたので、改変してみる。
多分、ニュー速+かVIPで見たんだと思う。

METAタグというのは、例えば、yahooとかgoogleとかで検索したときに、このページをヒットさせるための言葉のこと。
このページの内容にその言葉を使っていなくても、検索でヒットさせることができる。
例えば、「環境」という言葉をMETAタグで指定しておくと、このページで「環境」という言葉を使っていなくても検索でヒットさせることができる。

さて、毎日新聞英語版ではMETAタグに何が指定されていたのかというと。
いっぱいあるので幾つか省略するが、
japan news,mainichi,mainichidailynews,(中略。ここらへんは普通だね)
japanese girls,geisha,japanese english dictionary,(中略。なんかちょっと変なのが)
samurai,japanese symbols,ninja,animation,hentai,manga(後略。あれ、明らかに……?)

では、本題。
例えば、外国人がサムライとやらはどういう人のことなんだろう、と思って「samurai」で検索をかけると、毎日新聞英語版がヒットするわけである。
METAタグで指定されてる言葉だから、別に記事になってなくても検索で引っかかる。
で、ヒットした毎日新聞英語版のサイトは、トップページにばっちりエロネタ満載だった。
ビックリしつつもちょっと見てみると、日本の主婦はコインシャワーで売春するだとか、日本人は海外旅行先のジャングルにて子供を銃で狩るとかが載っている。
何だこのサイト、三流雑誌かなんかか?と思って、この記事を配信している毎日新聞というのがどんなところなのか調べてみると、日本の三大新聞の一つだということが分かる。
三大新聞がこんなことを書いているということは、もしかしてこれは日本の真実ってことなのか?……そう思ってしまう外国の方がいても、全く不思議じゃない。
そう、これが大問題だということは、日本に住む人なら分かると思う。
どう考えても低俗な週刊誌並みの内容。これを信じる日本人はいない。実際に日本に住んで日本を知っているから。
けれど、外国人はどうだろう。日本のことを知らない人たちは、日本の三大新聞が書く記事を読んでどう思うか。
信じない人もいるだろう。でも、信じてしまう人もいるだろう。
信じてしまった人が、実行に移したら?

毎日新聞英語版に載っていた記事は、他にも沢山ある。
看護婦は売春婦より酷いだとか子供や老人も売春をしてるとか、実に様々な記事がある。
児童買春の方法まで載ってた。
子供に猥褻なことをして警察にバレた場合に、少額の罰金で済む方法らしい。

毎日新聞英語版は、月に一千万人以上が閲覧していたらしい。
英語以外にも翻訳され、ドイツ語、フランス語、ロシア語、果てはヘブライ語に翻訳されたものも見つかっている。
5年以上こんな記事を配信されていたのだから、全世界に広まってしまっているのだろう。(9年以上という話もある)

今、この事実に気付いた人たちが、知らない人たちに知らせようと頑張っている。
ネットを普段から見ている私たちはこの事実を知ることが出来た。
でも、ネットをしない人たちは気付ける機会がとても少ない。
テレビや新聞でニュースになっていないからだ。
どうしてこれだけ騒ぎになっているのに、テレビや新聞でニュースにならないのか。
それにはまた色々問題があるのだけれど、とりあえずここで言及はしない。
ただ、テレビや新聞のニュースにならない以上、ネットをしない人たちにも事実を知らせなければならない。これは、とても重大な問題だから。
どうか、これを知った人たちは周囲に広めて欲しい。
内容が内容なだけに説明しにくいなら、ビラを見せてもいい。
こういう日記を見せてもいい。私のこの記事に限っては印刷しようと転載しようと改変しようと自由にやってくれていい。
まとめサイトを見て貰うと、もっといい。
少しずつでいい、焦らなくていい。
コミュもある。
皆で一緒に少しずつ頑張ろう。

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »