« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

迷い人

交差点を曲がって来た車が私の横で停止した。窓が開き、助手席のおばちゃんがなにやら言っている。

イヤホンしてるので、相手の言ってることは間違いなく聞こえない。

イヤホンを外して聞くと、案の定、道を尋ねられた。

この車が停まったことで、後続が詰まっているのだが……なかなか度胸があるものだ。

「アミュゼ○はどこですか」

言われて浮かんだ場所は二カ所で、どっちにしろ見当違いの方向だった。

どっちか分からなかったので、とりあえず「○号沿いの……」と聞き返す。

言ってる途中で、あぁこれは建物の名前が違ったなと気付き聞き直そうとしたら、すかさずおばちゃんが言う。

「違います」

「分からないんなら、いいです」

口を挟む余地もなく、車は去っていった。

……。

多分、駅前のビルだろうなぁ。

そうは思ったが、行ってしまったものはしょうがない。

今まで道を聞いてきた人の中で、ワースト2位の印象。





最近ずっとイラついている。

昨日久し振りに浮上した機嫌も今日の朝には元通りだ。

あのおばちゃんも間の悪いときに道を聞くものだ。

| コメント (3)

2006年9月15日 (金)

まりもっこり その2

こっちが自分の持ってるバージョン。

他にも色があるらしい。

前の記事の画像は会社の同僚のものである。

会社の違う同僚がまとめて購入したせいで、うちの会社にはまりもっこりが8体はいるらしい。

いっせいに股を引っ張ったらさぞ楽しいことだろう。

このまりもっこりは、会社のデスクの上に、ド○えもんと腕組ませて置いてある。

ちょっとラブラブな感じだ。

ちなみにそのド○えもんはマ○ドナ○ドのハッピーセットのおもちゃだ。

画像を載せたいが、危険なのでやめておく。

| コメント (1)

2006年9月14日 (木)

まりもっこり

「まりもっこり」という、変なキャラクターがある。

北海道で大人気らしい。

本当に大人気なのかは知らんが。

股間の丸いのは糸がついていて、引っ張ると伸びる。

手を離すと自動で巻き戻る。

なんともイラっとする表情だが、ちょっと楽しい。

もうちょっと伸びるとなお良かった。

まぁそんなくらいなんだろうが。

| コメント (2)

2006年9月11日 (月)

ブライトキングダム

最近やり始めたMMO、ブライトキングダム。

随分前にやってみてぇなぁと思ったシャインオンラインだったことは、プレイしてから気が付いた。

結構シンプルな作りだが、ちょっと重い。

この前のパッチでさらに重くなったような気がするが……まぁそれは置いておこう。



キャラクターにはファイター、アーチャー、クレリック、メイジの四職があり、それぞれ性別を選べる。

自分のキャラはこんな感じ。

クレリックの男である。

グラフィックは大して期待していなかったのだが、空は綺麗だ。



現在レベル29。

まだまだ駆け出しだ。

性懲りもなく支援型のクレリックをやっているため、あまり殲滅力がない。

新しいマップに行くにも大変なのだが、先日アップデートされたマップへ行くイベントがあり、参加してきた。

高レベルのプレイヤーも多数参加するために、弱いキャラでも観光している気分になれる。

エルフのなんちゃらの奥にある虹。

妖精のなんとかの入り口周辺から見た景色。



どのくらい長くこのゲームをやるかは不明だが、今のところ楽しんでいる。







さて、明日から天道オンラインのcβだ。

| コメント (3)

2006年9月 6日 (水)

ケータイ

昼に唐突に思い立って、さきほどケータイを機種変した。

905SH。

予想外な動きをするアイツである。



もうすぐ、ボーダはソフトバンクに変わる。

最近発売されている機種は、すでにソフトバンクのロゴ入りだ。

905SHはソフトバンクに買収される前に開発が進んでいたので、発売当初はボーダフォンのロゴだった。

考えてみればメーカーにとっては「早く言えよ…」という感じなのだろう。

シャープ最新モデルである905SHは、新たにソフトバンクのロゴが入ったものが発売された。

これから新色も出るようだ。

各ショップにある905SHの在庫は、ソフトバンクラベルが大半になっている。

今日手に入れた905SH。

ロゴは、ボーダフォン。

色は黒。

別に何色でもよかったが、ボーダラベルは黒しか残っていなかった。

このケータイが、私にとってはボーダラベル最後のものになる。

番号ポータビリティが始まっても、しばらくは他キャリアに乗り換えることはないだろう。

905SHを愛用しながら、ソフトバンクのお手並み、しかと拝見する。

| コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »