« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月26日 (日)

マビの風景3

バンホールの街。

だいぶ寂れた印象を受ける、鉱山の街。

この街の住人は、どこかしら皆怪しい。





暗くてよく解からんかも。

夜のバンホール入り口周辺。





街並み。建物も少なくて舗装もされてない。





大きな水車。

どんな理由で作られたのか忘れた。

なんだっけかな。

鉱山に溜まる水がどーとかだったかな…。





バンホール入り口から、実際の街まではちょいと坂道…ていうか山道を歩く。

なんか旅行ガイドみたいだ、これ。





夜の入り口周辺がよく解からないので、昼のssも。

大体同じところ。

ちょっと拡大具合やら入り口からの距離とか違うけど、まぁいいや。

| コメント (1)

マビの風景2

↓の記事に羊の画像が入らなかったので。





羊。

歩く動作が非常に愛らしい。





羊拡大。





羊拡大その2。

歩くときはこの尻尾がフリフリする。





ティルコネイルの村にて。

夜明け。





夕陽に染まるダンバートン周辺の麦畑。

マビの風景

マビのssばかり載せてみる。

1つの記事に画像って5つまでしか入らんのね……。

羊が入らねぇ。

しょうもないので羊は↑で。





最初の村、ティルコネイル。

広い。無駄なほどに広い。

村の中に川が流れていて、釣りも出来る。





次に訪れる、ダンバートンの街中。

最初はちょっと道に迷う。

慣れてくると、バイトもしやすく居心地がいい。





同じくダンバートン。

2005年6月24日 (金)

マビについて書いてみる

まぁ、マビノギやってるって言ってるんだし書いてみようかなと。

誰もやっとらんのは解かってるが。



現在マビにて、コルム当初を思わせるほど物凄い初心者でプレイ中。

鯖はルエリ、主に出没するチャンネルは8か7。

自キャラ「壊時」↓



最初は普通のカードだったので、髪型とかも普通。

カードってのはキャラクター作るカードで、普通のとは別にプレミアムカードというのがある。

そっちを使うと容姿を自由に選べる。

最初はタダで普通のカードがついてくるので、RMを払う必要は無いが、転生するためには必要である。

転生ってのは……レベルを1に戻して、容姿年齢性別を変えること。

来週土曜には転生したいなぁ。

ちなみにこいつは年齢17からのスタート。

今は18……明日になったら19かな。

マビでは、一週間に一度、歳を取るのである。

目指してるのは剣を使える吟遊詩人だが、回復覚えたいような覚えたくないような感じだ。

弓もある程度覚えたいし、裁縫もやりたいし……とか言ってるとAPが足りなくなる。

ていうかすでに足りない。

APはスキルのレベルを上げるために必要なポイントで、レベルアップ時に貰える。

マビはレベルよりスキルが重要らしい。

今のレベルは……14だったかな。

バイトして手に入る経験値がちと物足りなくなってきた。

まぁ、まだ上がりにくいというほどではない。

マビはグラフィックがあまり……と思っていたのだが、βテスト中に大幅に変わったのか、結構綺麗だ。

羊の愛らしさははちょっとクセになるくらいである。

マビの風景↓



2つある月の1つが沈むところ。

夜明け手前という時間帯だろうか。

今度は昼も撮ってみよう。

2005年6月21日 (火)

駄目だな

メロン・オ・レも飲んだんだが、前回の記事の二の舞になりそうだから止めておこう。





だいぶ、駄目だなぁ。

ブログってのは、続ければ続けるほど空しさが増してくる。

環境問題とか動物愛護とか信号とか脳神経とか有限の美とか腕とかネタだけなら色々あるのに。

書く意欲ってものが殺がれていく。

疲れるね、コレは……アク禁も未だに悩むしな……。

全くどうでもいいが、この反転文字に気付いてる人間っているのかね。

| コメント (2)

2005年6月17日 (金)

変な飲み物その3

気分的にはその4なんだが(パインアップルティーを書いてなかった)



さて、今日も今日とて妙な飲み物を見付けた。







杏仁豆腐ドリンクを無視して買った。

私にはこいつの味が想像できなかったので……。

開けてみる。

うお、エセミルクティーっぽい匂いがする。

一体どんな味なんだ。

飲んでみる。

あぁ、うん、なるほど、そうか……。

カルピスも紅茶も好きだけど、はっきり言って不味いなこれ…。

紅茶の味もカルピスの味もしない気がするのだが。

気のせいか?

まぁ、なんとなく紅茶風味だけど……。

間違いなく、カルピスの味はしない筈だ。

つーかこんなの作るんじゃねぇ。

飲んでて気持ち悪くなってきた。

| コメント (4)

2005年6月16日 (木)

昔、と言っても5年ほど前から、絶望の色は黒ではなく白だと思っていたのだが、先程、やはり絶望は黒で白は虚無だろう、と言う結論に達した。

あの頃の白は絶望でなく、虚無だったのだろう。

もっとも、今と昔とじゃ意識も変質してるから、これで本当に正しいのか解からないが。

しかしこの黒や白に例えると言うのは何処からきてるのだろう。

実際そんな色がついてるとも思えないが、色ってぐらいだから代表的な光の受容体である視覚器で考えると、虚無は許容量過多で白、絶望は伝達拒否で黒、と言う感じだろうか。

無理があるかな。

概念の問題だとしても、必ず原因があるんだから何かしら理由が落ちてるはずなんだが、まぁ、これ以上は考えても解からぬ。

しかし新しい認識を得たのは喜ばしいことだ。



と言うのを通勤中につらつら考えていた。

暇だ。

結局

マビノギやり始めている。

結構楽しいので、とりあえずひと月金払うことに決定。

ルエリ鯖にいます、って言っても誰もマビやってないからどうでもいいか。

腕の腱鞘炎は…、って言っても今更誰も覚えてないか。

まぁ、ひと月遊ぶかねー、と言う感じ

| コメント (2)

2005年6月14日 (火)

あの乗り物

救急車ってのは、好きじゃない。

見る分なら、別に構わないけれど。

乗りたくないな。

条件反射で、指に力が篭もる。

| コメント (4)

2005年6月12日 (日)

MMO探してうーろうろ

まぁ、結局ピンとくるものが無かったというか。

やってみたいなーとは思ったけど、何回もダウンロード失敗して萎え。

またうろうろしたものの……なかなか無いもんだなぁ。

MMOで2Dは好きじゃないので3D、キャラが濃くなく、見やすい文字、かつ複雑じゃないシステムで、出来れば腕が痛くならないやつ。

ねぇかなぁ、そんなの。

コルムのβ1みたいに、陰気な世界でぼうっとしたいだけなんだがね。

眩しい世界は綺麗だけど、疲れる。

模様替え

夏になったらこのスキンにしよう、と実はこっそり決めていた。







さて。

先日は久しぶりにブログ書こうと思ったらヤプログ繋がらなくて、結局何が書きたかったのやら忘れてしまった。

まぁ、ネタがない訳ではなくて、ここに書いてどうなるものなのかと思ってしまうような内容ばかりストックしてあるだけだ。

尤も、今までのだって、このブログに書いてどうなるものでもないのだが。

読み返すとやはり私は未熟者だというか、幼いのだなぁとしみじみ思う。

外へ目を向ける気にならないのは幼稚さ故か、それとも見渡すことに疲れてしまった老人のような諦念か。

世界は複雑すぎて、呆然とするばかり。

まるで脳を見ている気分だ。

どうしてここまで複雑になってしまったのだろう。

一度作り上げたものを中途半端に破壊して築き直した大地の愚かさは、そのまま現代に形成されるヒトの脳内のよう。

意識などという我らの朧げな志向は目的を見失って迷走している。

前面に出ているはずの本能を、言葉で誤魔化して、理ある優秀さを装ったところで歪みが矯正される訳もない。

複雑に絡まった神経。

断ち切っても、新しく生まれたヒトの脳神経が、また周囲を繋いでいく。

ヒトの世界はヒトの脳で満ちている。

複雑さは、増すばかり。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »