« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月28日 (月)

忘却へ

コルムに忘却の大陸が追加されたことに何にも触れなかったので書いてみる。



オープニングの音楽は前のほうが好きだ。

画面も金より前のほうが見やすかった。

シハは店の裏とかに隠れるスペースが多くて良い。

リタちゃんは相変わらずデカかった。つーか強かった。

イルノトに倉庫が欲しい。

灯台は敵が光ってる所為か重過ぎる。

PTの経験やアイテムの分配方法が変えられるのは、意外と便利かもしれない。

(支援プリでも、ボーナスのみ分配にしておけばギルメンの育成が出来るし)

PTマッチングは……やってない。以上。

あとは何だ。

よく覚えてねぇ。

| コメント (5)

2005年2月27日 (日)

去れば空に仰ぎ見る

墓へ行った。

私は仏教徒でも何でもなく、無宗教だ。

(あえて言うなら科学という宗教に入っているが)

この石の下に在るのは灰だけだと知っているのに、やはり何処か想いを馳せるのは刷り込まれた観念の所為か。

いや、それよりも私が未だ死を受け入れていない所為か。

何か書きたいこと忘れた。

何だったっけ。

続きを読む "去れば空に仰ぎ見る"

| コメント (2)

2005年2月25日 (金)

携帯から書き込んでみる

書き込めるかのテストも兼ねてみたり。

しかし、携帯は打つのが面倒だな。







深夜から朝にかけて雪が降った。

雪が降ると外で立ち尽くしたくなるのは何故だろう。

延々と見上げていたくなるのは。



さすがに今回は風邪引きそうでやってないが。

もの珍しさもあるのだろう。

私が住んでいるあたりでは年に数回しか降らないのだ。



雪が降る時の、あの重そうな空の色は好きだな。

何か別の、もっと憂欝そうなものが降ってきそうだ。

雪は全てを覆い隠すとよく歌われる。

確かに、雪は一面に降り積もる。

しかし、その白さに内包するものは真実、清らかで無垢か?

大気に舞う塵芥を吸い、触れる大地には粘性の化合物がべったりと付着している。

それらを含有する氷の粒は、どこが清浄なのだろう。

これは白ではなく黒と呼ぶべき雪なのではないか。

もっとも、物質に正邪を求める思考こそ愚かしいのだけれど。



雪は清らで純白の乙女か?

そんな神聖性は雪に求めるな。

自分の頭の中にでも縋ればいい。

| コメント (6)

2005年2月22日 (火)

混んでる時間帯があるのか

どうも、午前0時前後は書き込むとエラーばっかり出る。

混んでるのかなんなのかよく解からんが、全く困ったもんである。

エラーでも偶に書き込めてたりするから面倒な話だ。

ヤプログめ。







そういえば、禁酒生活1週間目だ。



そういえば、今日は数日振りに晴れた。



そういえば、腹痛は大分マシになりました。



そういえば、、、



そういえばと総入れ歯って似てるなぁ。





えーと。

…日常生活にネタがありませんorz

最近あった出来事といえば、土曜日に待ち合わせに2時間遅刻したくらいだ。

……_| ̄|○

まさか待ち合わせの時間まで寝てるとはな…。

| コメント (6)

2005年2月21日 (月)

夢は夢のまま終わらせよう。愛した世界に別れを告げる為に。

これ下書きのまんま、ずっとアップしてなかったな。

今更になってアップしてみる(2006.01.08)





昔話の続き。





11月。

正式サービスとやらが始まった。

実際には、とても正式なんて呼べる代物じゃないくらい、バグや鯖落ちで酷い状態だった。

マイレージポイントをRMで買えるようになって、大半の人は反感を覚えたに違いない。

私も、サービスを提供していることを忘れて金儲けしか顧みない運営体制には腹を立てた。

けれど。

そう、けれど。

カルツなんて常に手に入らない私みたいなヤツには、ポイントRM化はそれでも役に立った。

結構色々買った。

要らん物まで買って、仕方なく露店に出した。

RMTはしないと言っている私の、唯一の汚点だ。

筋を曲げたことに後悔しながらも、このとき得た金で聖騎士剣を買って+7にした。

だいぶ満足だった。

馬鹿らしいと思いながらも。

イかれてると思いながらも。

2005年2月18日 (金)

欠けに欠けて欠片さえ

まず始めに。

今回の内容は、ポエマーに日記書かせると碌でもないことになると証明したようなモンである。







んでは、14日の続きもどき。

何が言いたかったのかよく覚えてないが、この時点での私なりの言葉で書く。



あれだけ告白イベントでテンション上がりまくっていたにも関わらず、私には恋や愛というものが理解できない。

別に恋愛にトラウマがあるわけではない。

まぁ、他人を触るのも触られるのも苦手というトラみたいなウマみたいなものもあるが、それは大体において無関係だ。

私が恋や愛を理解せず、また、その必要性すら見出だせないのは、あまりにも個に固執しているからだろう。

私は、己の根底にあるものは何か、己の意志の高みはどこか、己を形成するに至った主要な点はどこで、一体何を求めているか。

そんなことばかり考えて生きてきたのだ。

ヒトとしての自分ではなく、ひたすらに自我を追求した結果、種としての存続を一切考えないという生物としてあまりに欠陥品である個体が出来上がった。

なんか宗教じみてきた。

まぁ、こういう思想なんだ、私は。

自分に執着しすぎた私は、このゲノムを遺伝させようという気が無くなった。(これに関しては、私が劣等感が強いといのも多分に関係しているだろうが。誰かの情報が半分混じろうとも、自分に似た人間を見るのは想像するに恐ろしい)

自分こそが世界の全て、正確に言えば自分の肉体(もちろん脳を含む)が世界の全て。

徹底的に意識の矛先を己の内面に向けて、他を顧みようとしていない。

これは、ヒトとして決定的に欠けている。

人間としてとか社会観念上とかはどうでもよい。

生物として欠けている。

種の存続を欠片も考えない私は、だから恋や愛が理解できない。

そこに未来を見る気がしない。





文字数制限orz

続きを読む "欠けに欠けて欠片さえ"

| コメント (12)

2005年2月14日 (月)

一夜の幻のように

あのお祭り騒ぎに付き合ってくれたフレにギルメンに知り合いへ。

結構楽しかったのでこの場を借りてお礼を。(大半はここ見てないだろうが)

ほんとにありがとw











さて、昨日あれだけ晒し者になっておいて何だが、私には恋だの愛だのという感情はよく解からない。

そもそも嬉しいとか哀れむとかを理解できていない。

多くの感情を、表面でしか捉えられない。

自分には色んな物が欠けているのを知っている。



あぁ。

すまん、腹痛くて気持ち悪いので今日は限界。

終わる。

| コメント (4)

2005年2月12日 (土)

笑いあった面影は最早無く

まぁ、しばらくは昔話だと思ってくれ。







リア友と私は同じギルドにいた。

あのギルド、というかギルマスに相当肩入れして、一緒に再建を誓った。

リア友は私と同じように、BDのために毒レンを作り直した。

しかし、再びギルドは過疎化が進んでいった。



10月。

私はリアルでもコルムでもストレスを溜めていた。

あらゆる些事が私の癇に障った。

そんな中で、ギルドの合併話を聞いた。

もちろん賛成した。

このままではギルドの意味がなかったし、ギルマスの意志であれば反対する理由が無かったからだ。

新しいギルドを作って、ギルメンが移動していくことになった。

ギルド創立に立ち会って、色々なものを諦めなければならないことを悟った。

私は元のギルドに残って留守役を務めた。

元々イン率の悪いギルドで、ただ一人蛇を狩る日が続いた。

振り返れば、よくコルムを辞めなかったものだ。

いつ辞めてもおかしくないくらい、精神的に疲れていた。

この頃から、常に引退を考えるようになった。



新しいギルドは賑やかだった。

ギルチャがない状態に慣れていた所為か、目まぐるしさにくらくらした。

ようやく新しいギルドに合流できて、肩の荷が下りた気分だった。

ただ、未だにリアルでもコルムでもストレスが溜まっていた。

数日もしないうちに、脱退を考えるようになっていた。

仲が悪かったわけではない。

もちろん、大所帯だった所為で合わないギルメンはいた。

最初は合わないギルメンの発言にいらついて脱退騒ぎを起こしたが、そのうち私のリアルでのストレスが減るにつれ、スルーできるようになっていった。



相変わらず蛇を狩っていた。

言えばPTを貰えた場合が大半だったが、支援プリがPTに入ったところで負担に過ぎないことを理解していた。

ハロウィンイベントで貰った全ステは、本当にありがたかった。

フリマで4Mで売った。

…そんなものか、と言うかも知れないが私には大金だった。



そして、正式サービスが始まった。







懐古厨決定か…orz

続きを読む "笑いあった面影は最早無く"

| コメント (2)

変わりすぎたその背中に何が言える

まー、折角だからコルムの足跡みたいなモンを。

まだコルムやってるうちに書いておきたいんですよねぇ。





β1からβ2への移行。

始まった当初は、ラグがひどいわ人が多くて狩場無いわ、で何とか少しずつレベルを上げていった。

目指したものは、「自分で経験稼げるプリ」。

ステはINT極、スキルはヒール基本でRR。

やった人なら解かると思う。

はっきり言って失敗だった。

しかし、気付くのに遅すぎた。

ヒールもRRもどれだけSP増やそうが役にも立たない。

RRではソロでまともに狩りができない…となれば、ヒールを活かしてPT。

しかしPT経験が不味すぎて、誰もPT組もうとはしなかった。

RRに期待したプリは多かったと思う。

当たり前のようにヒール覚えたプリも。

彼らはどうしたんだろう。

…私は駄目だった。

レベル40あたりで行き詰まった。



ギルドは楽しかった。

β1から仲の良い連中が柱となって、新しいメンバも増えていった。

人が増えても、仲は良かった。

ただ、合わないメンバももちろんいた。

私をコルムに繋ぎとめていたチャットが、苦痛になった。



7月半ばあたりでいったんコルムを引退した。

理由は複数存在する。

ギルメンには「ラグがひどくてロクに狩りもできない」というようなことを言った気がする。

フレに、いつも相談に乗ってもらう人がいるのだが、その人にだけには全て話していた。

もう時効だろうから書くが、「ラグがひどい」などと言うのはただの口実だった。

失敗した育成、PTの無さ、どんどん置いていかれる自分、合わないギルメン。

言い替えればβ1とのギャップ、それに尽きたのかもしれない。





文字数制限とは…。

続く。

続きを読む "変わりすぎたその背中に何が言える"

| コメント (4)

2005年2月10日 (木)

それはまるで罪の証の如く

利き手は右手。

仕事は実験担当なので右手を使う。

というか、結構酷使するのである。

コルムやってるうちに右手に違和感を覚えるようになった。

どうもマウスの右クリック連打が駄目らしい。

仕方なく、会社ではマウスを左手で使うようにしたが、やはり完全に治らない。

どうしようもないので、最近では家でもマウスは左で扱っている。

段々、違和感が痛みになってきた。

調子がいいときは右でも一時間程度は平気なのだが、悪いときは指を動かすだけで妙な感じになる。

激しい痛みではないので、あまり問題は無いのだが、キーボード打つだけでも違和感が出てくるのは少々、空恐ろしいことを想像する。

右をあまり使わないようにしなければならない気がしている。

| コメント (3)

2005年2月 9日 (水)

何かを誤魔化し続けている

久しぶりにFTとペア狩りに行った。

サマナやソサばっかとPTしてた私は、FTとの狩り方を忘れていたorz

下手プリになってました…。

何回LB撃てるのかとか確認しとくべきだった…。

…………。

orz

2005年2月 7日 (月)

んではやりたいように。

何書こうと思ったんだっけなぁ。

あれだ。

コルム始めた頃のことでも書いとこか。



去年の5月ごろ、やりたい新作ゲームがなかった。

ふと聞いたオウガバトルの着メロで、なんだか無性にオウガをやりたくなった。

地元のゲームショップ探したけれど、どうにも見つからん。

オウガ売ってねぇぇぇぇぇと騒いでいたら、リア友がコルムやらんかと言ってきた。

オンラインゲームなんてメンドくさそー…と思いつつ、渋々やってみたら意外に面白くて驚いたのを覚えている。

プリを選んだ理由は、リア友がレンだったから。

レンかプリで迷って、リア友とのPTなら支援系って要るよなぁ、と。

あの頃はコルムなんてよく解かってなかったから、今にしてみれば結構単純な理由だな。

ついでに、プリってのはヒールが主な仕事だってのも解かってなかった。

ステはVIT重視だとか、そんなことすら知らんかった。

おもいっきしSTRとDEXに振っていた……むしろDEXの方が多かったなぁ。

最初はスキルの使い方さえよく解かっていなかった。

リコもできなくて、リーダー代わってもらったこともあったくらい、初心者だった。

思えば、相当アホっぽいことばかり言っていたに違いない。

まー、プレイして1ヶ月未満なんて皆そんなもんだろうけど。

初めてPT組んだ時はドキドキしたなぁ。

数度目のPTに、後に入ることになるギルドのマスタやらメンバやらがいたりした。

フレ登録はしたものの、フレチャ機能を知らなかった私はやはり初心者まるだしだった。

そのうち何となく勝手も解かってきて、自分でデスマやらレディ手を狩りに行った。

(もちろんデスマもレディ手もちゃんと手に入れた)

イダの倉庫左で「お肉で牛肉」とか「アメリ見て死に隊」とかよくPT募集したものだ。

結局レベは81で止まって、キノコと青ノート装備できなかったのがちょっと悔しかった。



って、全然コルム始めた頃の話じゃねぇ。

まぁ、リア友が誘ったのがコルムやるきっかけだった訳だが、正直こんなに続くとは思っていなかった。

続けてる理由は一応あるのだけれど。



……まぁ、このくらいにしとこか。

…………読みにくいとか言うなよ?

| コメント (2)

うーむ…どう?;

某サイトとソーシャル2つと日記かくのが面倒なのでこのブログなわけだが…。

正直、公式サイトから飛んでくる人も読むので、どこまで書いていいのか解からん。

ついでに、コメント書いてくれる人も使い辛いよなぁ…。

元に戻したほうがいいのか?

そうするとソーシャル2つはコピペになっちゃうんだけど…でも、そっちのが使い易いかなぁ…。

限定された範囲でしか公開されないわけだからな、あっちは。

| コメント (4)

昨日とは逆

昨日はPKKしてましたが、今日はPKしてました。

いや、PTなくて暇だったので…。

安かったステ1(2だったかも)に、育て中のRRプリ(レベル17)で遊びに。

数人だけ殺して、あとはPK大会っぽくなっちゃって、ちょとツマランですな。

その後、メインに戻って、やはりまたPKしようとステ1だか2に。

まぁ、メインじゃ攻撃当たらないので誰も殺せませんでしたが。

ん〜、殺したい(ぇ

まぁ、殺すよりも蜂に殺されてるほうが多かったですw

普通に返り討ちになってばかりでしたが、まぁ…楽しかったかな。

2005年2月 6日 (日)

なんかなぁ

ギルメンがよくPKされる相手を見つけたので。

ちょいと尾行して、レアDで目の前にいたプリが殺られてんの見まして。

嬉々として封印かけてSSかけて地上に逃げたわけだが。

「PKするなら逃げるなよ」

「ダサい」

とかって、ささで言われて。

突っ込みどころは満載なんですけれど置いておくとして。

あぁ…最近のPK魔は何かイっちゃってんだなぁ、と。

まぁ、これはこれで面白かったんですけどねぃ。

もうちょっと楽しそうにPKして欲しいもんです。

これじゃあPKKも楽しくないじゃないかヽ(`Д´)ノ

いつだったか、PKされたので封印したらまたPKされて、というのを繰り返して経験400k減った時のほうがまだ張り合いあった……わけあるかこんちくしょ。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚





というのも置いておいて。

昨日は久しぶりにレベルが上がりましたとさ。

2週間ぶりだw

| コメント (7)

2005年2月 5日 (土)

本日から

このブログは本日より大衆の目に晒されます。



ブログにしないで、ちゃんとそれぞれで日記書けよ…と思ってる人はいるに違いない。

むしろ私がそう思う。

いやぁ、さすがにちょっとメンドく(略





まぁ、色々思うところがあって結局リンク繋げちゃったんだが。

文句苦情大いに結構。

私のプリに対する執着と被害妄想の結果だとでも思っておけばいい。





何言ってるか分からないって?

いつものことだ、気にすんな。

2005年2月 4日 (金)

間違えてた…

初日のブログに間違い発見。

コルムをプレイして早や4ヶ月って…違いますから。

半年の間違いじゃヴぉけ。

正確に言えば、5月の半ばからやってたんだから12月の時点で7ヶ月だな。

引き算も出来なくなったか、私。

…おかげで今日書こうとしてたことが全て吹っ飛んだ…。

| コメント (1)

2005年2月 2日 (水)

すまん、ブログに変えた

登録したまま放っておいたブログに変更。

いや、数箇所で書くのメンドかったので…。

しかもどうせコルム関係の知り合いしかおらんしな。



ただ、以前の日記とコメントが全部消えるとは…ちっ。

まとめてレスするが。

くのいちになりたいんじゃない、くのいちが欲しいんだヽ(`Д´)ノ

ちなみに助さんと角さんどっちが格上か知らんが、昔は印籠だしたのが角さんだった。

今はどっちか知らん!

ちなみに男前は助さんだと思う。

お銀は由美かおる以外知らん。

由美かおるステキ゜+.゜(*´∀`)b゜+.゜

新さんはもちろん松平健である。

……全くどうでもいいが、最近の時代劇なら八丁堀の七人がいいと思うのだがどうだろう。

青山さま(*´∀`*)

| コメント (2)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »